エステサロンと皮脂分泌

PR|スマホアフィリエイト|経営相談ならGIコンサルティング|自由が丘のシェービングサロン|アクネスラボでニキビケア|結婚ていいね|

 

皮膚は全身つながっていますが、だからといって肌の状態は全身どの部分でも同じということはありませんよね。また顔のなかでも額とあごでは違いますし、頬だってまた別の特徴があります。皮膚は部位によってその状態が常に異なりますので、乾燥している部分には保湿ケアを、皮脂量の多い部分にはオイル系を避けるなどケアの仕方も変えなければならないのです。肌は一般的に乾燥肌、オイリー肌、混合肌、敏感肌などのタイプ別に分けられるのですが、乾燥しているのに部分的には皮脂分泌が多いというようなケースが少なくないため、結局は部位別に肌を見ていく必要があるといえるのです。
また年齢とともに肌は乾燥しやすくなりますので、それによってもお手入れ方法は異なってきます。20代と60代が同じケアをしないのは、こうした理由があってのこと。
20~30代は皮脂量の多いTゾーンやあごなどの部位と、皮脂量の少ない口もとや目の周りなどの差がはっきりしています。しかし40代くらいから皮脂量の差が減り、60代くらいになると全体的に乾燥した状態になります。美容は肌の健康状態に合わせて、その時に合ったケアを行うようにしましょう。

夏になると日焼け止めクリームを肌に塗布したり、日傘や長そでの衣類で皮膚を紫外線から守るのが一般的な方法ですが、体の内側からアプローチすることも忘れてはなりません。日ごろから抗酸化作用のある食材を積極的に摂取することで、紫外線を浴びてもその影響を最小限にとどめることができるのです。抗酸化作用のある代表選手であるビタミンC、ポリフェノール、アスタキサンチンはアンチエイジング効果もあるということで知られていますので、美容面を考えると常に摂取するようにしたいですね。
また紫外線対策には目から入ってくる光にも注意。目は強い光を感じると紫外線を浴びていると認識し、体を守るためにメラニンをたくさん生成してしまいます。つまり、シミの原因をどんどん作ってしまうということ。そこでサングラスをかけると目から入ってくる光の量を調整することができますので、過剰なメラニン生成を抑えることができるのです。
健康なお肌のためにも、こうしたポイントを押さえておきましょう。

旅行中におすすめなのが、フットマッサージ。旅の間はよく歩きますので、思った以上に足に疲労が溜まります。足は全身を支える大事な部位なので、常に元気な状態でキープしたいですよね。
海外(とりわけ東南アジアでは格安でマッサージが受けられます)などではしばしばフットマッサージだけでもすぐに受けられるので、ちょっとした時間のゆとりがある時はかなりおすすめ。1~2時間のマッサージを受けている間に体を休めることもできますので、二重にプラスの作用があるのです。
日本でもエステシックサロンなどでフットマッサージだけでも受けられるところがあります。最近ではクイックマッサージを短時間で受けられたりもしますので、もし国内旅行中に疲労を感じたら、そのようなサロンで少しでもマッサージを受けると疲れも取れやすくなりと思いますよ。
フットマッサージなら、足に存在する全身の反射区を刺激することで自然治癒力もアップ。ついつい食べ過ぎて内臓もお疲れ気味……という方にももってこいですよ。

PR|ペットのお墓デザインは|免疫向上の通販サイト|ビジネス英語はライブイングリッシュ|サプリメントの選び方|ショッピングカート|自動相互リンク集GF|童話の世|

コメントを残す