表皮の新陳代謝と保湿

表皮とは、手で触れることのできる肌の部分のことを指し、常に下から上へと生まれ変わる新陳代謝をしています。表皮の一番下の層から順番に、基底層・有棘層・顆粒層・角質層という名称で呼ばれていて、厚みとしては0.2~0.3mmくらいのとても薄い部分です。

28日の期間で生まれ変わることが理想の新陳代謝と言われています。新陳代謝が行われることをターンオーバーと呼び、28日できちんと生まれ変わって垢となってはがれ落ちることで、透明感のある美しい肌を維持することができます。

表皮の一番下の部分の基底層にはメラノサイトが存在します。紫外線やホルモンの分泌異常で日焼け・シミ・ソバカスなどの悩みを作り出します。透明感のない色ムラの多い肌は、新陳代謝がスムーズでないことが多く、一番上の層の角質層の水分保持力も低下していることが多いです。

角質層の細胞は、細胞も細胞間も水分の塊で、常に肌を潤すことのできる化粧水や美容液などの保湿化粧品で常に保湿を心がけることが大切です。

http://feela.jp

カテゴリー: パーマリンク